Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

<< 魔術とは? : 2013年11月3日:蠍座12度で新月(日蝕) >>

次回、冥王星で最終回 〜惑星の神々〜

一昨日は、イギリス在住の心理占星術研究家
ユキコ・ハーウッドさんの「惑星の神々:海王星」でした
http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=58

海王星はスピリチュアルな惑星とされますが
海王星が魚座に入った頃から
スピリチュアル新時代が訪れたように思います

様々なスピリチュアルセミナーで引っ張りだこの通訳の方が
3.11前後で、海外から来日する講師が
ガラっと入れ替わったと、仰ってました
同じ頃、海王星が魚座に移動しています

それまではスピリチュアルに関心がなかったけれど
海王星・魚座時代から急速にスピリチュアルな世界に
目覚め始めた人が、今のブームのメインだと思います

今は度数がまだ幼いですが、13年ほどかけて
このムーブメントは成熟してくのでしょう

一方、冥王星・射手座時代にスピリチュアルにはまっていた人たちは
意外と「普通」になってきている傾向があり
つまり・・・ぶっとんだことを言ったりしたり、煙に巻いたりせず
普通の生活の中で、静かに追求するようになってきています

海王星の別の表現、芸術(ART)に関心が向かう人も多いです
田舎へ移住し、エコロジカルな自給自足生活に移行している人もいます

☆ ☆ ☆

ユキコさんは・・・
霊的宝庫(海王星)とつながる方法を
ひとりひとりが見つけていく必要がある

と仰ってましたが

海王星・魚座時代以降、多くの人々がその方法を
積極的に模索しはじめているような気がします

☆ ☆ ☆

そして来週は、惑星の神々の最終回・・・『冥王星』です

惑星のエネルギーの発露を
ピンからキリまで、酸いも甘いも表現してくれるユキコさん

トリの冥王星への期待も高まります


 ユキコ・ハーウッドさんからのメッセージ 

冥王星:地底への旅、冥界の神ハデス
プルトニウムの開発と同時期、
1930年代に発見された冥王星の公転周期は約248年。
個人の一生がその一周を体験することは不可能。
私達は限られた人生の中で
世界という集合体の一部として参加することになります。
原子力に象徴されるように、
冥王星は人類のサイキに潜む根こそぎの破壊力を、
同時に死の灰から不死鳥が舞い上がる如く、再誕生の力も表します。
またハデスが 住まう地底の世界に象徴されるように、
人が目をそむける世界の隠された闇、
社会の裏街道も冥王星の領域と言えるでしょう。
冥王星と出会うとき、いかにその根深い負の感情に取り込まれず、
また恐れて覆い隠そうとせず、地底とのパイプをつなげるか、
が今回のテーマです。


ユキコ・ハーウッドの惑星の神々 オータムセミナー
 
 冥王星:地底への旅、冥界の神ハデス
本放送:2013年10月31日(木)20:00〜22:00
 再放送:2013年11月2日(土)〜11月8日(金)
 ご入金期限:2013年10月30日(水)15:00

【受講料】  *3,000円/回

【講 師】 ユキコ・ハーウッド http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=79

【受講方法】 オンライン・セミナー
ヘッドセットとインターネットに接続したPCがあれば、どなたでもご参加いただけます
初めての方は、事前接続練習(所要時間15分)で操作方法をマスターできます


【参加資格】  占星術の初心者からプロの方まで、 惑星感度を高めたい方ならどなたでも

【詳細&お申込み】
 http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=58
     
 ※10月29日22:00〜事前接続練習を行います
ご希望の方は、お申込確認メールに記載されている、担当者までお申込ください



*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*

◎スタッフによるユキコさんの講座の感想はこちら
http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=69

◎生徒さんによるユキコさんの講座の感想はこちら
http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=70

◎「心理占星学・第二部」との惑星の取り上げ方の違い
http://salviavia.jugem.jp/?eid=813




新講座のお知らせを確実に受け取られたい方は、こちらにご登録お願いします
ニュースレターのみで告知する講座もあります
↓ ↓ ↓
 World Astrology ... 占星術の世界 ...  

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

 
メールアドレス     




 
   

- : -