Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

<< 覚醒の天体、天王星 : やったー、やっとアップロードできた〜! >>

天王星:新里ひろき先生の見解


昨日、一昨日と、ここ数年の時代性をつくっているアスペクト
天王星と冥王星のスクエアについて書いてきましたが

新里ひろき氏の最新のコラムのテーマも「天王星」でした
http://goo.gl/Vaubq

すごく簡潔にまとまってますよね
必要十分な情報に絞り込まれています

天王星と冥王星のアスペクトに関しては・・・
(ネイタル、トランシット、ソーラーアークすべてに適用)

悪習を正す強い欲求となって現れる事があります。
悪意や負の感情に満ちた状況から逃れる必要性、
さらに他人をそうした状況から解放する助けとなる欲求
も現している可能性があります。


と、端的ですねぇ・・・

そうそう、エネルギーに敏感な人は
この負の感情の集積にふれて、やられちゃうんですね・・・
正すためには、一度はそれにふれなければなりませんから

面白いのは、新里さんのこの記事
ハウス関係の解説は7ハウスだけなんです!
なぜなんだろう・・・
7ハウス関連の天王星は強く出やすいのだろうか

ちなみに、私のネイタルチャートは
7ハウス・カスプに天王星が合であるだけでなく
7ハウスルーラー水星と天王星が60度ですのでこれに該当します

天王星が7ハウスに位置、または7ハウス支配星とアスペクトを持つ場合、

革新的な思想家や、
既存のルールを破る個性的な人達との関係を示しています。
過去の束縛から逃れるために、
そういった人達による影響が必要になると考える事もできますね。


まさにドンピシャな感じがします

天王星だけでなく冥王星もDESに合なので
天王星だけの場合よりも強烈に出ますけれども
当たり前だと物足りない感じですよね

新里さんのコラムは、占星術のロジックがわかっている人向けの記述で
なぜ、そういう解釈になるのか、までは書かれていませんが
ロジックがわかっている人にとっては
その解説文のニュアンスの絶妙具合がよくわかるんじゃないかな

新里さんは、1テーマについてA4、1-2枚くらいの分量にまとめた
占星術コラムを長年書き続けていらっしゃいます(英語サイト)
http://www.hniizato.com/sitemap

この積み重ねが、短時間にエッセンスを絞り込むセミナースタイルへと
つながったのだろうと思っています

出生図を読む上で、もっとも重要なエッセンスを学びたい方は
新里さんの「出生図の分析」をおすすめします

リクエストに応え、再放送決定!
新里ひろきの「ノエル・ティルの心理占星術」
 第一部:出生図の分析

http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=65


占星術を基礎から学びたい方はこちら
ユキコ・ハーウッドの「心理占星学コース」第二部
第二部のテーマは惑星です
http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=60
第一部:サインを視聴されたい方は再放送リクエストをお願いいたします
 一定数集まりましたら再放送します
 http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=59




 

- : -