Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

<< やっとのことで : ノエル・ティル心理占星術の真髄を伝える名作講座…第一部「出生図の分析」 >>

投影


昨晩は、アメリカ・フロリダ在住の心理占星術家
新里ひろき氏の「ノエル・ティルの心理占星術・第三部」
第三回:人間関係でした

「本当は3-4回にわけて講義してもよかった」という厚みのある内容を
今回もギュっと濃縮還元して伝えていただきました

人間関係・・・深い深いテーマです

参加者の皆さん誰もが
自分と身近な人の関係性を思い起こしながら
ご参加いただいたのではないでしょうか

本当にいつも各テーマのエッセンスを
まとめあげる新里さんの手腕に感嘆します

私が最も興味深かったのは
占星術を学ぶ中で出てくる「投影」という概念

たとえば・・・
女性が自分のホロスコープの男性的要素を男性に求める
男性が自分のホロスコープの女性的要素を女性に求める

そういった投影の解釈を前面に押し出さないのが
ノエル・ティルであることです

「投影・・・アニマとアニムスとか、ユング系の心理学ね」
「投影なんかしてないで、自分のホロスコープを生きなさい」
と一刀両断な感じのことを
新里さんがソフトにエレガントに表現されてました(笑)

自分自身を知り、自分らしく生きるために
占星術を学んだり、占星術コンサルテーションを受けているのに
投影でとどまっていちゃだめだよ、というメッセージ
凛とした厳しさも感じますね

私は投影のメカニズムは知っていたほうがいいと思います
それは実際に起こりがちなことだと思うからです

けれども確かに、そこを終点にした(断定的な)解釈やアドバイスは
中途半端で、それぞれの成長を阻んでしまう可能性大です
(あなたのタイプはこんな人で・・・というような)

占星術にしても、心理学にしても
それぞれの体系をつくりあげた人の個性や哲学が色濃く反映しますので
とても面白いですね
いろんな体系に触れてみるとよいと思います

ノエル・ティル先生の人間関係の考え方の基本は
自分の基本的なニーズを満たしてくれる関係が長続きする
と、非常にリアルでシンプルです

とはいっても、ニーズは成長とともに変わってきますし
ホロスコープに示されている象徴の表現のされ方も人それぞれですから
単にチャートを並べてすべてがわかることでもありません
それゆえ、人間関係のリーディングは一筋縄ではいかないのです
やはり主役は生きた人間ですね

 ☆ ☆ ☆

まだか、まだか、とリクエストをいただいている
新里ひろき氏のノエル・ティル心理占星術マスターシリーズ
5月末から、毎週1回の頻度で再放送していきます

なんとか今日・明日中に、募集を開始するようにしたいと思ってます
もうしばらくお待ちくださいね!

※iPhone, iPad は、最後のファイルの変換で手間取っています(汗)


- : -