Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

<< 反体制運動 : 占星術の革新 >>

石塚隆一の「西洋占星術の基礎」 明日申込締切 


2012年6月28日スタートの
石塚隆一の「西洋占星術の基礎」
http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=33

明日、6月27日15:00が、お申し込み&入金期限です

☆6月27日20:00〜事前接続練習あります
 ヘッドセット(バッファロー社製以外)をご準備してご参加くださいね

               

石塚氏による充実のテキストのさわりの部分をご紹介しましょう

皆さんは「西洋占星術」という言葉を耳にして、どのような印象をもたれますか?

これから学習する西洋占星術は
皆さんがイメージする一般の星占いとは少し異なります。


獅子座は親分肌でプライドが高く、魚座はロマンティックで夢見がち・・・

などとよく言われますが、テレビや雑誌などで扱われる12星座占いは、
すべての人々を誕生日により12種類の星座に割り当てて分類し、
それぞれの性格や運勢を考えていきます。

これは、本当は複雑で奥行きの深い西洋占星術を
大衆向けに大まかに簡略化して見ています。


ですから、話題にはしやすいものの、とても大ざっぱで
表面的な側面のみを利用していることになります。


 中略

本格的な西洋占星術では、「12サイン(星座)」に加え、天体は太陽を含めて10個
そのほかに12の「ハウス」、5種類の「アスペクト」を基本的な要素として使い
「ホロスコープ」という図を作って考えていきます。

 中略

10個の天体が12のサイン、12のハウスに入るので
1つの天体だけでも144通りあるものを10天体分で
144×144×144×・・・・・

さらに天体同士の関係性からも意味が生まれてくるので
これは単純にそれぞれのパターンを暗記して覚えていくには無理があります。
つまり、象徴の一つ一つの意味をよく理解しながらそれらの組み合わせを
「言葉を覚えていくように」、身につけていくとよいのです。


             


As above, so below

上(天空)で起こっていることを観察することで
下(地上)でのできごとを分析する

というのが西洋占星術の考え方です

星のメッセージを読み取れるようになりたい方
ご一緒しましょう♪

石塚隆一の「西洋占星術の基礎」
http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=33





- : -