Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

<< 山羊座研究で得た気付きと、2018年への抱負 : したいことが沢山あるから、身に付けようと思ってる技術 >>

1年計画は、いつ立てる? 冬至はじまりの1年計画

 

年末年始は、イヤーリーディングのご用命が多くなります


冬至に始まる山羊座の季節は、過去1年を振り返り
「達成できたこと、できなかったこと」の総決算をし
来年の達成目標を設定するのに向いているのは確か


山羊座の季節にに立てる計画は
計測・目視可能な設定がいいですね

 

占星術的には、牡羊座(春分)が1年のはじまりですが
この季節は勢いに任せて本能的に走り出す感じが強く
あまり「緻密な計画」を立てるのには向いてない気がします


少なくとも、私自身は
春分に「じっくり計画する」ことができないみたいです


計画する前に動き出さずにいられない


ということで、意外に(?)、やっぱり(?)
年末年始は年次計画に向いているのでしょうね
 

クライアントさんの1年計画を沢山考えていると
頭が「計画モード」に入っていくので
自然と自分の2018年についても考えるようになるのですが


私の場合、2018年は目立ったソーラーアークもなく
4月以降、土星以遠の惑星の目ぼしいトランシット(ハードアスペクト)もないので…


久しぶりに平穏な1年になりそう…

と思っていた矢先!


トランシットの冥王星が
太陽・月のミッドポイント(蟹座22度)の
対向度数(山羊座22度)にやってくるのに気付きました!


しかも、3月から6月まで、この度数でステーション!


一気に気が引き締まったことは言うまでもありません

ソーラーアークがないだけに、「よく効く」ことが予想されます


冥王星のトランシットは、さまざまな解釈が可能ですし
さまざまな「あらわれ方」をするでしょうが


おおむね…
縁が切れたり、結ばれたり、悲喜こもごもの中で
より自分らしい生き方へと導かれていく


逆に言えば
より自分らしい生き方へと変容していくためには
まず、これまで依存してきた古い何かを手放す必要がある


最初は手放すこと(つまりは変化)を恐れて抵抗しがちですが


けど、ここは、スパっとリリースするほうが
傷が少なくスムーズであることは、経験上、わかっています


でもまあ、ここ数年、太陽・水星に対して
トランシット冥王星がオポだったので
個人的には冥王星の刺激は慣れっこになっていて


(実は人知れず、人生の大きな転換をしました)


今年は、ここ数年の変容の結果を
人生全体に統合していくことになるんじゃないかな


幸い、12月のサビアングループ研究会で
この度数域(山羊座21-25度)は、がっつり取り組んで
理解を深めたばかりなので、冥王星の到来が楽しみになってます


私自身への影響、に限らず
世の中全体が、どう変化していくのか…ワクワクしてるのです


山羊座が度数的に成熟していくに伴い
文化的にも成熟し、より本質的な豊かさを
追求するようになっていくでしょうから…ね


私と世界の変容は連動している


トランジットの影響というのは、そういうものです


遅い天体のトランシットの影響を受けている人は
誰しも世の趨勢に深く参加していき
その時代の変化の牽引役となり得る人です


だからこそ、個々人が、どういう世の中を望むのか…
そこが問われますね


(蟹座22度:ヨットを待つ女っぽいですね)


これを機会に、過去に形成された
太陽・月のミッドポイントへのソーラーアークと
トランスサタニアンのトランシットをチェックしてみましたが
やっぱり人生のおける重要な転機のオンパレードでしたね〜

 

「よっしゃ〜、守りに入らんようにしよ!」と決意しました


太陽と月のミッドポイントは
ティル式占星術師は要チェックの最重要ポイントです


「自分らしさ」のヒントが見つかります♪

ハート Kyokoのホロスコープ・セッション(大阪・芦屋・オンライン)ハート

*大阪カフェセッション:堂島・茶屋町・天王寺
*大阪個室セッション:肥後橋

 

12月はじまりのスケジュール帳(持ち運び用は薄くて軽いものを)
デスク用の分厚いスケジュールは去年に引き続き「無印」の12月はじまり
つまり私は「1年のはじまりが冬至の人」ということですね

 

 

- : -