Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

<< 冬至点越え : 1年計画は、いつ立てる? 冬至はじまりの1年計画 >>

山羊座研究で得た気付きと、2018年への抱負


2018年を目前にして
土星が、射手座から山羊座にサイン移動したのって
やっぱり、新年の抱負に大きく影響を与えますよね


サビアングループ研究会の12月のテーマが
「山羊座21-25度」だったのは、まさにタイムリーで
山羊座や土星への理解が格段に深まりました


12月の山羊座研究をとおして実感したことの一つは


射手座は「国際性」を象徴するといわれますが
真の意味で「国際性」を発揮するのは「山羊座」の方だろうな
と、いうこと!


ええ? 信じられない?


ではでは…


海外旅行をしたり、海外留学をしたときに
「自分の国のことを何も知らない」ことに愕然とする


そんな経験、ありませんか?


外国人に日本のことを訪ねられても、ろくろく答えられない


海外に出向いてみて、はじめて…
日本の歴史や文化を勉強したい、しなければ、と思う


海外に出向いて初めて「日本の良さ」に気づく
自分のアイデンティティについて考えさせられる


「私は、どこから来て、どこに向かおうとしている存在なのだろうか」


射手座の先に山羊座があるということは
山羊座が蟹座の対向にあるということは
牡羊座と天秤座をも経験してきて、
縦横の十字を踏まえた存在であるということは
12サインの頂上に位置しているということは
そういうことなんじゃないか、と思うのです


山羊座が「伝統」「歴史」に関心を抱くのは
射手座の経験をベースとした自然な流れ、なのでしょうね


だからこそ、山羊座に重要な天体を持っている人に
「国際的に活躍し」「国際的な評価を得ている」人が多いのでしょう


海外の人が関心を抱き、賞賛するのは
自分たちの文化の「真似っこ」をしている二番煎じ文化ではなく
自分たちが持ち合わせていない
その国オリジナルの価値観、美意識、文化、芸術なのです


誰しも、自分の国にないものを求めて
海外に出かけたり、海外から優れたものを輸入しようとするわけですから


近年では「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたり
海外で日本の発酵食が注目されたり
アメリカでコーヒーの代わりに「抹茶」を飲む人が増えてきたりと
日本の食文化が注目されています


これは2008年に山羊座にサイン移動した冥王星が
じわじわと作り上げてきたムーブメントの現れのひとつ


山羊座の完成形である25度「東洋の布を扱う商人」という度数には
その国の文化や技術の結晶としての品物が
国際的に流通していく様子が表現されています


ここに「火星」があるのを筆頭に
太陽・水星も山羊座に持つ北野武さんの映画が
国際的に高い評価を得ているのは
ご本人が仰るとおり「ジャパニーズ」を感じさせる映画だからでしょうし


田中一光さんが中心となってコンセプトメイキングされた
「無印良品 MUJI」「禅の精神を日常生活で実践するプロダクト」
として海外に熱烈なファンを持つのも、そういう理由なんですね


田中一光さんは、山羊座23度(おそらく)に太陽を持ち
金星・火星・土星も山羊座に位置しています


トランシット土星が射手座を通過していた約3年間
心理占星術研究会では、海外の占星術家の文献から
多くを学び、吸収してきましたが…


同時に、海外の研究家だから
すべてが素晴らしい、信用できる、ということでもないな
ということも、見えてきました


今後は、そこから学んだことをベースに
私達独自の研究を進めていく流れが加速する
あるいは加速させたい、そんな思いを強めています


サビアングループ研究会
そんなムーブメントの一番、強い流れだし


ホラリー研究会では
既に「心理占星術的ホラリー」ともいうべき
スタイルが出来上がってきています


ノエル・ティル心理占星術も「新里ひろき」という
海外と日本の交差点に立つ占星術家が橋渡しをし
まとめあげてきたからこそ、
ここまで多くの人に賞賛されているのでしょう


2018年、心理占星術研究会では
既に大きく育ってきているノエル・ティル・ムーブメントを
しっかり根づかせ、業界にインパクトを与えていくため
人材の育成に力を注いでいきます


また、ホラリー研究会サビアングループ研究会、ほか、
水面下で積み上げてきた、独自の研究成果を
日の目を見させていく活動も少しずつ行っていく予定です


2018年、これまでの努力の成果を
明確な形として提示していく段階に来ているのでしょうね

 

 

World Asology ... 占星術の世界 ...

心理占星術研究会が開催する講座の予定やコンセプトをわかりやすく解説するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレター登録

 

 

- : -