Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

<< 『新里ひろき・来日心理占星術セミナー2017』 申込受付開始しました : 2017年2月26日:魚座9度で新月(日蝕) >>

サビアンと芸術家の代表作の不思議な符号

 

Fさんによるサビアングループ研究会レポート最新版は
バート・バカラックの牡牛座22度の太陽です

牡牛座22度 White dove over troubled waters.(ジョーンズ版)
『荒れた水の上を飛ぶ白いハト』ディグリー占星術の訳

21度で書物から啓示を得ようとした人物は
こんどは、自然からの鳩の到来によって、メッセージを受け取る。
具体的な宇宙のリズムが、書物にとどまらず、生きた形で働きかけてくること。
神秘のサビアン占星術 / 松村潔著)


不思議なことですが…芸術家の代表作には
本人のサビアンシンボルがダイレクトに現れていることが多いのです


もちろん、サビアンが意味するところは
人生や作品の、そこここ、に象徴的に現れているのですが
そうではなくて、サビアン・シンボルのキーワードそのものが
作品の中に登場するので驚かされるんですね


私も大好きな、バート・バカラックの最高傑作は
作詞家のハル・ディヴィッドとのコンビで沢山生まれたのですが


そのひとつが…
カーペンターズの " Close to you 〜遙かなる影〜"


歌い出しが

 

なぜ鳥たちは
ふいに現れるのかしら
いつだって
あなたといる時よね?

わたしと同じで
いつまでもいたいのね
あなたの側に


ですから…

 

ハル・ディヴィッドとバート・バカラックがいかに一体化していたか
素晴らしいコンビだったかを物語っていますね


バート・バカラックは互角の才能を持つ作詞家と巡り逢えたからこそ
後世に残る作品を沢山生み出せたのだと思いますね

 

 


[ Close to you ] にしても、レポートの方にあげた [雨に濡れても] にしても
主人公は、自然現象と対話しながら、今、自分がおかれた状況を
理解しようとしていることがわかります


そして、いずれも、
対象と寄り添い反応しあいながら物語をつむいでいる …(2の数霊)
[ Close to you ] では、人気者の彼の後をついていく彼女の様子が描かれ
[明日に向かって撃て] のブッチ・キャシディとサンダンス・キッドは強盗二人組


[ Close to you ] の彼女はモテモテの彼を得て幸せながら、少々心穏やかでなく
[明日に向かって撃て] の二人組も、もちろん、安穏な状況ではありません
=荒れた水(波立つ感情)


と言う風に、幾重にも、牡牛座22度のテーマを見出すことができるのです
このような気付きが起きるのは
研究対象の人物像や、その作品を、丹念に時間をかけて追っていくからこそ、です
それこそが、サビアングループ研究会の醍醐味であり豊かさなんですね

 

⇒ バート・バカラックの太陽【牡牛座22度】のサビアン分析

 

☆ ☆ ☆


昨日のクライアントも、明日のクライアントも
MCのが牡牛座22度という、これまた、不思議な巡り会わせで
自然と牡牛座22度を深めることになっている私です


牡牛座21から25度のサビアン・レポートは
いずれも素晴らしいので、よかったらチェックしてみてくださいね
研究会の様子が垣間見れると思います
私もコメントしています

 

心理占星術研究会のブログやツイッターは
8割がた、スタッフのChieさんにお任せ状態ですが
サビアン研究会の記事だけは、私がつくってます^^
なぜなら、サビアングループ研究会は非営利活動だからです

 

⇒ 牡牛座第5グループ【基礎編】レポート
⇒ 伊丹十三の太陽【牡牛座24度】のサビアン分析
⇒ 種田山頭火の土星【牡牛座22度】のサビアン分析
⇒ マーク・ザッカーバーグの太陽【牡牛座25度】のサビアン分析
⇒ バート・バカラックの太陽【牡牛座22度】のサビアン分析
⇒ 美輪明宏の太陽【牡牛座23度か24度】のサビアン
⇒ サビアングループ研究会

 

- : -