Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

<< 蒙霧升降(ふかききりまとう):獅子座26〜30度 : 東京焼け野原 - 記憶の共有 - >>

トートタロットからのプレゼント


私の手元には、常にトートタロットがあり
あらゆることをトートに質問します

たとえば…
毎月、開催されている≪サビアングループ研究会≫の課題に
どの人物を選択するか…

誰を取り上げるかで
その度数への理解の深まり具合が大きく変わってくるので
毎回、人物選択は真剣勝負です!

必ずしも、自分がよく知っている人物を選択しません
よく知っている人物は、新鮮味がないのです

名前を知ってはいるが
よくは知らない人物
けれども、興味がひかれる人物を
10名程度ピックアップして
後はトートで選択します

それでいつも ≪あたり≫ になるのですね

この ≪あたり≫ の感覚が続くと
タロットへの信頼感がさらに増していくので
迷いがなくなりますね

「この鉱脈を掘っていったら必ず宝物が見つかる」

そう信じられたなら、途中で引き返したり
あきらめたりすることなく、掘っていけるのです

≪あたり≫ とは ≪正解≫ という意味ではないのです

どちらかといえば ≪プレゼント≫ という感じです

私が ≪今≫ 気づくべきことに気づくために
≪引き合わせてくれた≫ という意味での ≪プレゼント≫

タロットが、もたらしてくれるものは
すべてこの種の ≪プレゼント≫ のような気がします

それもこれも、トートタロットとの出会いの頃から
≪当て物≫ をするために、つきあってこなかったから
…ではないかなぁと考えています

同じツールをつかっていても
そのツールとの付き合い方如何によって
受け取るものは異なることでしょう

松田仁式のトート版タロットレッスンでは
≪占い≫ に入る前に
≪パスワーキング≫ によってタロットと仲良くなりながら
≪自分≫ と対話していくというワークをみっちり行います

このシリーズで行っていることは
≪気付き≫ のためのレッスンと言ってもいい…

タロットの解釈本を暗記するという学び方では
この ≪気付き力≫ は決して養えません

このレッスンにおいては
 ≪Fool≫ ≪Magus≫ という、たった2枚のカードを学んだ段階で
いきなり全78枚を使ったパスワーキング実習を行います

それでも、みなさん ≪アンチョコ≫ なしの
まっさらな状態で、カードと向き合いながら
自分なりのリーディングを展開されてらっしゃいます……

そこで編み出されてくる言葉たちは
≪アンチョコ≫ に掲載されているものよりも
ずっと奥深く、繊細で、豊かです

このようなワークの繰り返しの中で
あらゆるものの中に象徴を発見し
メッセージを受け取れる力が養われていくのでしょうね

 

 松田仁の「トート版タロット 〜入門から奥義まで〜」   
日本でベストのトートタロット講座を目指します

「第1期」http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=181 9月29日スタート!ただいま募集中‼

「第2期」http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=164 再放送中・再放送中リクエスト受付中
「第3期」 http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=160 再放送中・再放送中リクエスト受付中
「第4期」
http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=178 8月31日スタート!ただいま募集中‼

 

新講座のお知らせを確実に受け取られたい方は、こちらにご登録お願いします
ニュースレターのみで告知する講座もあります
       ↓ ↓ ↓
 World Astrology ... 占星術の世界 ...  

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

   ニュースレターご登録ページ

 

- : -