Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

<< トランシット天王星・冥王星が、ネイタル太陽とTスクエア : グループ研究の狙い >>

魚座26度〜30度のサビアン

 
4月7日にスタートする
サビアン・グループ研究会 

初回のテーマは......
【魚座26-30度、そして牡羊座初期度数への流れ】

メンバーから、ちらほらと
課題をご提出いただいております♪

エドガー・ケイシーのチャートをあげてらっしゃる方がいましたが
いかにも、この度数域のイメージにぴったりの方ですね!

「しかし、最初から、なかなかハードルが高い度数域ですよねぇ」
と言うと.....石塚氏からは「どれも同じですよ」との返事

そ、そうですかね

私自身は、魚座26-30度の度数域に感受点を二つ持っています

魚座26度「影響を分割する新月」
にイーストポイント
魚座28度「満月の下の肥沃な庭」にアンチ・バーテックス

天体でなくて感受点であるせいか
これらのサビアンを自分のものとして「よく実感している」とは言いがたいです

もうひとつ、牡羊座1度には、キロンがあります
「女性が水からあがり、アザラシも上がり彼女を抱く」
こちらは天体であるにもかかわらず、あまり実感が湧かない

とか言いつつも、その度数に焦点を当てると
かすかに浮かび上がってくるものがあり
それを手がかかりに、たぐりよせていく

こういう作業を、3年間、続けていくのですから
かなり濃密な3年になりそうです
自分自身を耕しバージョンアップするのにも役立ちますね

同時に、毎回、日蝕図や月蝕図、国家のチャート等をとりあげ
マクロな時代感覚も養っていきます

サビアングループ研究会・プレゼンテーションセミナー


マーク・エドモンド・ジョーンズの
The Sabian Symbols in Astrology
サビアンの原典を入手しました

ジョーンズ版





- : -