Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

<< 【予告】近日中に第五部(15名限定)募集開始します : 新里ひろきの「ノエル・ティル心理占星術・第五部」募集開始しました! >>

相互リーディングによる刺激


昨晩のトート版タロット講座では
はじめて相互リーディングを行いました

相手を占う一部始終を、参加者に見守られ、さらに録画されるって
ものすごく緊張しそうですよね(笑)

けれども、1年間一緒に学んできた仲間で
互いの人となりも見えてきているせいか
皆さん、落ち着いてリラックスしてリーディングされていました

いやはや、すばらしいなと思いました

自分占いではなく、他者から占ってもらう醍醐味って
思いがけない指摘! じゃないでしょうか

最初は、うーん?、えー?、みたいな少々の反発がありながらも
次第に、確かに、そうかもなぁ・・・という気づきへと開いていく感覚

この、「気づき」、こそが、私たちを
ひとつ上の、次のステージへ導いてくれると思います

エゴが覆い隠していた、内なる光に気づくきっかけ・・・

単に「当たってました」「私が言ってもらいたかったことを言ってもらいました」
というのは、実は、あまり発展性がなかったりしてね

日常意識、顕在意識では見逃している
もっと深いところにある、もっと本質的なもの

そういうものに触れるために
タロットなり、瞑想なり、様々なスピリチュアル・ワークは有効だと思います

自分自身で行うパスワーキングでも、気づきは可能ですけれども

他者によるセッションという外部からの刺激が
オクターブ上昇の助けになることは確かでしょうね

占星術における、進行とトランシットのダブル刺激の相乗効果と同様に・・・・


   ☆  ☆  ☆


12月16日からトート版タロット講座・第3期の再放送はじまります♪
テーマは小アルカナ

メジャーアルカナ(大アルカナ)がこの世の理を示すのに対し
マイナーアルカナ(小アルカナ)は日常生活を示しています

火の世界で例えるなら
大アルカナは 「火とは何か?」という探求なのに対し、
小アルカナでは 「実際の火の取り扱い方の技術、知恵」を習得します
小アルカナを通して 現実生活を生きていくための智慧と術を学びましょう


 松田仁の「トート版タロット 〜入門から奥義まで〜」  
 
 
第3期・再放送    2014年12月16日スタート! 全17回
  
http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=121

 関連記事   
  http://salviavia.jugem.jp/?eid=1018
      ※5月の本放送時の記事です



- : -