Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

素敵な会場見つかりました♪


関西に戻ってま〜す♪


新里ひろき来日心理占星術セミナーの新会場
よいところ、見つかりました〜♪


いくつか候補があったのですが、ひとつ目の会場だけ見て決まり!

 


天井が高く、二方向が全面窓で、とても開放感のある空間です
写真を見ただけで、良いエネルギーが伝わってきたたのですが
お値段が高いので、どうしようかなぁ…と思ってたんです


でも、タロットが、ここだ! というんで
とにかく行ってみよう、と現地に行ってみて納得しました

 

周囲の環境も緑がたくさんあってよい感じです
なのに都心も都心、東京駅からのアクセスもよいので
地方からご来場いただく皆さんにとっても便利だと思います


それとビックリだったのは、担当者の人が占星術に興味ある方で
「心理占星術やってます」というと
「ドンピシャです!」と言ってくださったこと
最近、占星術セッションを受けたばかりなんですって!


やっぱり担当者の方が
私達がやろうとしていることに理解を示してくださると
エネルギー的にも良い影響を受けますから、無条件で嬉しいですね…☆


占星術やスピリチュアルセミナーだというだけで
中には会場使用を断ってくるところもあるんですよ
それって、とっても、傷つきますね

タロットが、この会場を勧めてくれた理由は
そういったことを、ひっくるめた上のことだったんだろうな〜と思います
セミナーを成功させるには様々な角度をおさえておく必要があるんです

 

今回の会場、会場代は安くないので、集客を頑張りたいと思います
この会場を使用するのは、参加条件がゆるい金曜日だけです
最大96名入りますよ^^  ぜひ、興味ある方、いらしてください♪

 


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

10月開催「新里ひろき・来日心理占星術セミナー2017 in 東京」

テーマ:自己表現を助ける占星術

2017年10月20日(金)〜22日(日)来日心理占星術セミナー 

 


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

新里ひろきの「ノエル・ティル心理占星術」マスタープログラム 

⇒ 新里ひろきの「ノエル・ティル心理占星術」マスターシリーズプログラムとは?

「第一部」 テーマ:出生図の分析
http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=224 5月10日スタート! 現在募集中

来日セミナーの金曜日の参加資格は、第一部と第二部を受講済の方です
第一部の後、第二部の再放送も予定していますので、5月から学びはじめると余裕で間に合います

 


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

占星術をこれから学びはじめたい方は、こちらからどうぞ!

  ↓  ↓  ↓

新里ひろきの「ホロスコープの基礎:成長と変容のための象徴学」

ティル占星術を創造的に活用するための土台となる基礎知識を補強できる講座です。

5月14日スタート!!現在募集中☆

ホロスコープ内の象徴の解釈に関する哲学と、
70を超える元型イメージを吸収する内容となっております。
左脳中心の従来の教育方式から離れて、象徴を右脳に入れていきます。

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

トートタロットを学びたい方はコチラ… 4月から第1期がスタートします

松田仁の「トート版タロット 〜入門から奥義まで〜」

「第1期」トートタロット・イントロダクション 4月28日スタート!!

 

 

 

- : -

2017年3月28日:牡羊座8度で新月

現在、東京に出張中で3月28日まで滞在予定です

今回は滞在期間が短いので予定が盛りだくさん

日常生活では、あれしたい、これしたい、と思いつつも
ルーティンを優先して、いつの間にか、機を逃すことも多いもの

けれども出張という限られた時間の中では
あれこれ考えずに飛び込んじゃえます

このモードのまま、日常に戻っていこうと思ってます

東京の友達も最大限、私の都合にあわせてくれて
ありがたい限りです♪

そして…今しか出来ないことを優先するため、時間なし!
ということで、新月のサビアン&ホロスコープ読みはお休みさせていただきます

 

さてさて、4月から新メンバーが第三の眼に加わります
新里ひろきのノエル・ティル・マスタープログラム
非常に優秀な成績を残して卒業寸前!の方ですよ

お披露目は、ニュースレターにて!
お楽しみ♪

 

2017年3月28日の新月図(ホロスコープ)です

 

 

今後1ヶ月の星の動きについては
第三の眼・新月メルマガをチェック!

3月28日新月頃(11:57前後)に発行予定です

第三の眼の西洋占星術師たちがリレー形式で
新月から次の新月までの星模様を丹念に読み解いています

今回の新月リーディング担当は、ぐらはさん

一ヶ月を有意義に過ごすヒントが満載です
次の新月までの1ヶ月の計画にお役立ていただければ幸いです

 第三の眼のメルマガ 『新月に読み解く! 星からのメッセージ』 
ご登録がまだの方は、こちらから(まぐまぐ) ※最新号のみ公開しています
http://www.mag2.com/m/0001087122.html

 

 

- : -

【春分:雀始巣】 金星・火星のミューチュアル、マスターコース初の卒業生


今朝、犬の散歩に行ったら、コブシの花が咲いていました
犬友達によると、昨日から咲いているそうです
ツクシも出てきています
iPadを持参してなかったので写真は撮れていないのですが…

自然は【春分】を合図にムクムクと動き出していますね!

【雀始巣=牡羊座1度から5度】に関しては
去年の記事を読んでみてください ⇒ ☆☆☆

七十二候は太陽の度数域のテーマですが

今の星まわりの特徴は、
金星(牡羊座)と火星(牡牛座)がミューチュアルレセプションであること

男女が互いを思い合っています

けれども、どちらも自分にコンプレックスを持っている
「私なんて、僕なんて」と…
それに比べて相手は何てステキな人なんだろう♪

そんな風に思い合ってる切ない組み合わせです
4月3日になると、金星の方は自信を取り戻しますが

互いに心を開くことができれば
相手をとおして自分の魅力を自覚することができるときですね
そして補い合うことができます
欠点や弱さ(だと思い込んでいたものが)魅力に変わるのです

異なる価値観を受け入れるキャパシティーも広がりますよね


今月のホラリー研究会でも
この金星と火星のややこしいドラマが絡んでましたよ

ホラリー研究会では、ひとつのテーマに対して
様々な感性を持つメンバーが光を当てるので
単なる占星術以上の人生勉強ができる会となっています
メンバーは随時、募集中です

心理占星術等、モダンアストロロジーでは
天体のディグニティーは考慮しないのですが
古典の理論も取り入れてみる価値はあると思いますよ


さてさて、春分の少し前に
ノエル・ティル・マスターコースJAPAN
初の卒業生が誕生しました!

近日中に卒業者名簿のページを作成して
お披露目できるかと思います^^

 

 

 

 

 

 

- : -

シェキナー&ベイバロン、騎士団長殺し


松田さんが書いた、村上春樹の「騎士団長殺し」の感想を読んで
超久しぶりに、村上春樹を読んでみようかな、と思ってる


これまで、よくわかっていなかった
「シェキナー」「ベイバロン」の概念が
今回の記事で、やっと見えてきたから!


これまでは…
「ベイバロン」について熱く語る松田さんを遠巻きに見てきた


「男の身勝手なご都合主義なんじゃない?」と薄っすら押し戻してたんですね


もしかしたら、松田さんご自身も「騎士団長殺し」を読まれたことで
「シェキナー」「ベイバロン」をもっと深く理解されたのかもしれない

 

私も漸く、自分の内なる「シェキナー」「ベイバロン」
思い出し、自覚することができました
 

ということで…
『トートタロット 〜入門から奥義まで〜』を受講された皆様
および、その他の皆様にも読んでもらいたい、松田さんの記事はこちら…
※皆、ベイバロンについて繰り返し質問してましたからね
https://plaza.rakuten.co.jp/siriun/diary/201703190000/

 


 

村上春樹の作品は、初期の短編数冊しか読んでないけど
翻訳モノは、結構、読んでるし、好きな文体


特にファンではないけれど、かなり親近感があるのは
村上春樹が経営していたジャズ喫茶「ピーターキャット」の跡地に出来たカフェ
「ジャマイカウドン」に、よく通ったから


松村潔先生の事務所が千駄ヶ谷にあった頃
講座終了後、生徒達は大挙して「ジャマイカウドン」に押し寄せ
三々五々に陣取り、長いこと、お喋りしたものだった

大きな窓から西日が差し込む頃まで居座った後
名残惜しく店を後にしたこと、懐かしく思い出す


村上春樹は、鳩森神社の近くに住んでたそうで…
千駄ヶ谷の雰囲気と村上春樹の作品がかもし出している雰囲気
うん、つながってるなぁと思う


「ジャマイカウドン」は、何年か前に閉店したらしい

 


 

松田仁のトート版タロット講座 〜入門から奥義まで〜
第1期 イントロダクション(トートタロット序説)

4月28日より再放送スタート!

 ⇒ 詳細&お申込

 

 

 

- : -

春分の人


土曜日、某セミナーに出かけたら、懐かしい人と再会した

開始時間、ギリギリに会場に入って、数少ない空いてる席に座ったら
後ろの席に、明るく響き渡る声の、
つまりは、その会場の雰囲気とは、ちょっと異質の、その人がいた

その人は、何気に、私の恩人だった
今、私が、いろんなことを教えていただいている先生と
いわば、人生を変えた先生と、引きあわせてくれた人だから

そして、つないでくれた後は、なぜか、ご縁がなくなっていった

何年ぶりかで、はじめて、誕生日がわかったけど
月と海王星が、牡羊ポイントにある人だった

月が春分点、海王星が冬至点の人だった

ああ、これによって、台風の目のようになって
周囲の人を、あるいは、時代を動かしていくんだなと思う

何か新しいものを時代に吹き込ませていくんだな、と思う

壮大な世界に巻き込まれ、そして、はじきだされ
また、最先端のものにかかわり、やむを得ぬ事情で終了する

今もまた、終了とスタートの狭間にいるようで

ああ、春分点は、確かに終了とスタートの狭間だ

そんな狭間に、人生で何度も立会い
台風の目にようになって、人を巻き込んでいくんだろうね
そして、違う次元につれていくんだろう

私も、それに巻き込まれかけている
巻き込まれるかどうか、ちゅうちょ、しているところだが

それは、いいことには違いなく、意義あることだが
色々、考えないといけないこと、危険なことも、ありますよね
それに膨大なエネルギーが必要となる

けど、こういう「躊躇」は、おひつじポイントの人には、少ないのだろう
何かが終わったら、自然と新しく始まるんだから

そういうモードを受け取れてよかった

その場で得た情報で、長らくグズグズしていたことには、結論が出た
私のノドのチャクラをブロックしていた原因ですね
このスッキリ感は、とても新鮮で… うれしい 

そして、今日は春分の日ですね
新しい世をつくるエネルギーが渦巻いている日です
新しい何かが始まります

 

 

 

- : -

惑星の指圧、チャクラとの関係


節目のときには、【夢】とか、【人から受け取る言葉】をとおして
メッセージを受け取ることが多いので、注目しています


そのときは、わからなくても、次第にわかってくることも多いです


昨晩は夢の中で
「これからは、研究は効率的に進めて、
 マネージメントに力をいれていきなさい」

と、知らないお爺さんに言われました


昨晩の夢は、私の太陽リズム的にいえば【初夢】にあたります
つまりは、今年1年の過ごし方へのメッセージということ、かも


早速、チャートとの符号を調べてみたところ
トランシットの土星が社会的立場をあらわすMCに乗っていました
象徴が、そのまんま、あらわれているような夢だな、と思いました
(土星は年寄りマネージメントも象徴する天体)


研究云々、という部分は
私の太陽(蟹座16度)は研究家気質の度数(サビアンシンボル)にあり
ここ数年、トランシット冥王星からオポジションを受ける形で
フォーカスされていたのですが…
そろそろ、オーブをはずれることになるから、かもしれません


確かに、ここ数年は、研究に多大なエネルギーを注いできました


とはいっても、水星(蟹座18度)の方は、
まだまだトランシット冥王星(山羊座20度)の影響下にありますから
研究をやめろ、ということではなく、だいぶ慣れてきたから
もっと効率的に進めていけるんじゃないの?、ということですね


自分自身のことは、見てるようで、見てないところがあり
ソーラーアークを、チラっとチェックして終わらせがちでした
つまりは、内的欲求を重視する見方・生き方になっていたのです


もちろん、土星が軸にアスペクトする時期の重要性を忘れたりしていませんが
このタイミングでリマインドしてもらえたこと、ありがたいと思いました


元々、私の出生図に示されている社会的役割としての第一義は
【スピリチュアルな組織の管理運営】
にあると、ノエル・ティル先生に指摘されていて


その次に、一対一の個人セッションや研究がある…
あるいは、そこに連携していくわけです


人は社会的な肩書きや役割の為だけに生きているわけではありませんし
私は「仕事は趣味」が合言葉の気ままな人間です


けれども、もうすぐ【ティル式占星術師】の初の認定者も生まれてくるし
そこから、第三の眼にデビューを予定しているメンバーも複数います


これからは、関係者全体に対する【責任】は重くなると思いますし
みんなが繁栄していけるようサポートしていこうと気を引き締めました


こんな感度の良い夢を見ることになったのは
一昨日、チャクラと気の調整を受けたことも関係していると思います


軸に重要な天体がコンジャンクションしているときに
(私の場合はT太陽→ASC、T土星→MC)
肉体的エーテル的な軸の調整を受けたのも、なんだか象徴的ですね


バランスが変わったので、なんだか、まだ落ち着きませんが
上下の接合部が弱いことや
それが現実面と、どう、関連しているかもわかったので
本当に大きな収穫でした


弱いのは、生命の樹でいえば、ダアト(喉のチャクラ)の部分にあたります
松村式の惑星対応でいえば、これもまた、土星が対応する部分
おもしろいですね…


今の私の状況は
土星から頭頂部を指圧されているようなもので
そこにフォーカスして取り組めよ、という合図を
いっぱい受け取っている、ということでしょうね


ちなみに、美容師さんによると
1月頃、頭頂部に直径1cmの円形脱毛があったようです
今は生えて来ています(笑)

 

喉のチャクラは水星にも関係しています

喉のチャクラが相対的に弱いことと
現在、水星がトランシットの冥王星と180度であることも
関係しているでしょう

古い水星の表現方法(コミュニケーションや物の考え方)を
を一度葬って再生しようとしている…
今は、その過渡期であり、
その影響は2017年の間、ずっと続くことになります


水星は3・4・7ハウスのルーラーなので
家族関係やパートナーシップ、拠点に関する変化が
今年、訪れるかもしれませんね


※度数はすべて数え度数

 

 

 

- : -

私にとっての1年のはじまり


なんとか確定申告は間に合って、明日には郵送できそうです


けど、今年から確定申告にはマイナンバーが必要となったようで
私はマイナンバーの受け取りを拒否しているのですが
もう、それも不可能ということなのでしょうか…


とりあえず、明日、市役所に住民票を取りにいって
聞いてみたいと思います


しかし、MFクラウドを使えば
会社の決算も税理士は必要ないかも、と思えるくらい、簡単ですね


これまで税理士仕様のエクセルファイルにデータ入力が必要で
その部分を外注していたのですが
MFクラウドだと、銀行やカード類のデータを取り込めるので、
入力するのは現金払いのデータだけ、ということになります


私は銀行と直接には連携はさせず
(パスワードを入れるのに抵抗がある)
CSVデータにしてから吸い込ませていますが…


こんなにラクだと、今後はキャッシュよりも
カード払いを選択するようになるかもしれず
このようにキャッシュレス社会へと移行していくのかもしれませんね


事務作業に使わなければならなかった
膨大な労力は節約できるようにはなりますが…
抵抗感も同時にあるのは確かです


さてさて…
今しがた、トランシット太陽がネイタルのASC上に乗りまして
私の太陽リズムにおいては、本日が1年のはじまりです


ギリギリではありましたが
一番の気がかりだったお金の整理もつき
すっきりと新しい年を迎えられそうです


明日は心身のメンテナンスデーになる予定


年末の大掃除を元旦に持ち越したみたいな感じですが(笑)


私のASCのサビアンは、魚座25度「聖職の浄化」
松村先生によると「見えない部分に関しての几帳面な管理力」の度数


心身が清められたら
やっと新しい1年のコンセプトが見えてきそうな気がします

 

 

 

 

 

- : -

定員オーバーの為、新会場を探してます 〜 新里ひろき来日心理占星術セミナー2017 in 東京

 

 

新里ひろき来日心理占星術セミナー2017in東京

 

募集開始から約1ヶ月弱ですが、申込者数が50名を超えました!


最初に予約していた会場では入りきらないので
現在、新しい会場を探しているところです


今月末に上京の予定があるので、
ついでに会場探しをしてきたいと思っています


参加基準の厳しいセミナーに
これほど多くの皆さんにエントリーいただけるとは…
とっても嬉しいです♪


しかし、参加基準が厳しいからこそ
前置きなしで深い話に入っていけるわけで
中上級者にとっては…知ってる話で退屈したりしません
最初から最後まで集中できる実り多きセミナーになります


2012年に始まったこのプログラム


スタート当時、『ノエル・ティル心理占星術』は
知る人ぞ知る、とてもマイナーな存在でした(日本では)


それが、コツコツ続けているうちに
いつしか、累計受講者数も600名を超え

もうすぐ卒業生が生まれる予定です


2012年から2014年はオンラインセミナーで
2015年から2016年の2年間は、準個人レッスンで
新里先生から厳しくも暖かい薫陶を受けながら
占星術のトレーニングを積んできた第六部の生徒さんが言うには


これまでやってきた占星術の学びとはレベルが違う、ということです


実際、そうだと思いますね…

 

新里ひろき来日セミナーには
話が通じる人ばかりが参加しますから
すぐに打ち解けて占星術友達が増えるのも楽しみですね


そうは言っても『心理占星術?』『ノエル・ティルって誰?』
という反応を示す人が、今でも多いのは確か!
それは日本では占星術の研究書の出版が少なすぎるせいでしょう


世界的に見れば
ノエル・ティル先生を知らない占星術家は、モグリといえるのでは?
と思うくらいの知名度と影響力をもっている方です


でも、ティル先生のマスターコースで学び、卒業までに至った人は、
世界的にみても、そんなに数は多くないでしょう


課題のハードルが高いので、最後までやりきれる人は多くないからです


つまり、本当の意味でノエル・ティル心理占星術を理解している人は
やはり世界的にみても少数派なのかもしれません


そんな難解で高度なノエル・ティル心理占星術を
わかりやすく噛み砕いて教えてくださるからこそ
新里ひろき先生は、人気があるんでしょうね


新里先生のご尽力で
ノエル・ティル心理占星術の真の理解者が最も多いのは
実は日本である、ということに、近い将来、なるかもしれません

 

⇒ 新里ひろき来日心理占星術セミナー2017in東京

 

 

 

 

 

- : -

私はトップバッターの人、誰にもある明と暗

 

一昨日は、第一月曜研究会
昨日は、サビアングループ研究会 水瓶座6から10度基礎編
と連夜の研究会でした


サビアングループ研究会では
私は毎回、トップバッターでレポートのプレゼンをするので
基礎編前は、1ヶ月かけて取り組んできたレポートの仕上げに集中することになります


小学生の頃、フットボールやソフトボールの試合でも、リレーでも
私は、常にトップバッター・キッカー・ランナーだったことを思い出します


トップバッターは、その後の流れを決めるところがあるので、結構、重要なんです


「最初が肝心」というのは、ホロスコープも同じです
ホロスコープも、この世に生まれ出て、最初の呼吸をした瞬間の図が
その人のチャートとなり、ブループリントとなるわけですから


いつも、自分のレポートの出来が
その度数域の深まり度を決めるんだ、という
思い込みと責任感を持って取り組んでいます


また、事前情報による先入観なしで
純粋に対象と向き合いたい、という思いもあります


「この度数はこういう意味」と思い込んで
対象の人物に向き合っても、そのフィルターをとおしてしか
見えてこないことになり、いっぱい取りこぼします


しつこいようですが「わかったような気にならない」
を肝に銘じて私はサビアン研究に取り組んでいます


いつものことですが、今回の水瓶座6−10度
特に、ジョーンズとルディアの解釈が
笑っちゃうぐらい異なるのが面白かったです


つまり、わかったような気になりようがないんです
そう、基礎編によって、かえって謎は深まるんです
その落差を埋めようとする衝動が、応用編への原動力になります


クエスチョンマークを抱えつつ前に進んでいると
みんなでブレインストーミングしていると
あるとき、ふっと見えてくるものがある…


それが面白くて仕方ありません


ちなみに今回、私は『サザエさん』の長谷川町子さんの太陽を取り上げました
アニメは見たことがあっても、漫画は、じっくり読んだことがありませんでしたので
あらためて数冊読んだりして、大笑いしながら、愉快な研究となりました


しかし、どんなスゴイ人物の人生にも、必ずがあります
長谷川町子さんも然り


そして明だけでなく暗も掘り下げられるだけの情報が残っている人物のほうが
サビアン理解、チャート理解の深まりが、段違いとなります


「ええ〜、そんな人だったんですか、ショック!」


でも、は、あって当たり前… でなきゃ、リアルじゃない、のでは?

 

いずれにせよ、サビアン研究会は、サビアンだけではなく
レクティフィケーションはするし
チャート全体の解釈はするし、で
ホロスコープ解析力全体の力がつく研究会だと思います
加えて人間への理解も深まるような気がします

 

⇒ サビアングループ研究会

 


ひと仕事終えて、ちょっと脱力した本日でしたが
今度は、確定申告が控えている…


毎年、コツコツ帳簿をつけようと決心するのですが、やっぱり、去年もダメでした
つまり1年分をまとめてやらなきゃいけないんです


今回から青色申告にしたので、自分でやるのは無理かなぁ
いっそ、税理士さんに丸投げしようかなぁと迷っていたところ
クラウド型の会計ソフトを見つけたので(MFクラウド)、試してみることにしました

 

これが、すごく性能良くて、ものすごく時間と手間、経費を節約できそうです!
集中したら2日ぐらいで完成できるんじゃないか、と(甘いかな?)


だとすると、3月は予定していたより余裕ができる〜〜〜♪
今年は、なんだか気分が軽いです

 

 

 

 

- : -

ゴダールと美輪明宏


ゴダールの『はなればなれに』見てきました〜!


ちえさんが、サビアングループ研究会
射手座11度から15度の課題としてゴダールをとりあげていたので
どんな映画つくってるのかな?
と、知りたくなって見に行ってきたんです


九条のシネ・ヌーヴォでロードショーしてたんで


やっぱり作品見るのが、早いですからね
対象に「乗り移る」には…(笑)


射手座11から15度に共通する特徴として
私独自の(サビ研メンバーからスルーされている)ある仮定を持っていたのですが
やっぱり、何かあるぞ、という感触を持って帰ってきました


かなり昔、『気狂いピエロ』『勝手にしやがれ』
は、観たことはあるのですが、
それらの映画すべてに共通し
私がとりあげた、吉本興業創立者『吉本せい』にも
石塚さんがとりあげた『二ノ宮知子』にも…共通することです


しかし、まだまだ検証が必要なので
そして、おおっぴらにするのは憚りがある説かもしれないので
ここでは秘しておくことにします^^


共通する特徴のある人々に集中して深入りしていくと
そこに共通する「におい」が立ち上ってくるんですよ


いずれにせよ…
サビアングループ研究会で他メンバーのレポートを聞いてると
全く関心がなかったり、知らなかったりした人物のことを
深く知るようになる、ご縁が増えるのが、面白いですね
感性の毛細血管が増えていく感じがします


ちなみに『はなればなれに』という和タイトルをつけられてますが
『はぐれ者集団』と訳すほうが、原題"Band Apart"の意味合いに近いようですね


まさに、そういう匂いがあるのが
この度数域ではないでしょうか…(これも仮定のひとつ)

 

さてさて、昨日、遅まきながら
美輪明宏さんの太陽【牡牛座23度か24度】のレポート
(by Fさん)をアップしました!


Fさんは、単にレポートをするだけでなく
対象の人物をよく知らない人が読んでもイメージできるように
色々調べて補足情報を追加したり
ご自身の解説もいれながら、読ませる構成にしてくれています


Fさんの文才を見込んでレポーターをお願いしたのですが
まさに「当たり!」ですね〜


Fさんは、書き言葉と、話し言葉が、ほぼ同じなんですね


私はFさんのレポートを読んでいると
Fさんの声が聞こえてくるような気がするぐらいです
息遣いや間合いが感じられて


私は、話し言葉と、書き言葉が、かなり違うタイプなので
Fさんの文体、好きだなぁ…、と、いつも思うのです
裏表がないというか、統一性があるというか


私の場合は、書いてるときは、水星・土星が強く出て固めなのですが
普段(特に身近な人の前では)
水星・海王星・天王星・冥王星が、どわっと出ているので
トランスサタニアン発言が頻発して理解不能な人もいます

 

でもクライアントさんには
「Kyokoさんは、いつも論理的に説明してれるので…
 風のサインが強い人だと思ってました」
と言われるのですから…私は多重人格者かもしれません

 

そんな私の、あまり理解を得られない発言も
Fさんは、月・海王星で受けとめてくれて
うまく、まとめてくれています…、Fさんに感謝です


Fさんは、レポートすることで、強制的に復習することとなり
占星術力が、どんどん伸びています

「サビ研のこと、ずーっと考えています」
とも、言ってましたが、それは私も同じ…


サビアンというアカシックな秘密の宝庫を
考古学者のように掘り返すロマンを感じてます


 

 

★その他の牡牛座21から25度のレポート★

⇒ 牡牛座第5グループ【基礎編】レポート
⇒ 種田山頭火の土星【牡牛座22度】のサビアン分析
⇒ マーク・ザッカーバーグの太陽【牡牛座25度】のサビアン分析
⇒ バート・バカラックの太陽【牡牛座22度】のサビアン分析
⇒ 伊丹十三の太陽【牡牛座24度】のサビアン分析
⇒ サビアングループ研究会

 

 

 

- : -