Gods of Change ヒーリング心理占星術

癒されるとは…本来の自分へと帰還すること…

火星回帰を迎えて気付いたこと

 

私事ですが…
12月1日、天秤座25度(かぞえ)で火星回帰を迎えました


私にとって火星は
1ハウスでインターセプトしている牡羊座のルーラー


チャートルーラー海王星とともに、私自身を象徴する天体のひとつであり
7ハウスに入っているので、パートナーに求める要素のひとつでもあります


天秤座25度のサビアンシンボルは


Information in the symbol of an autumn leaf.

「秋の葉の象徴が伝える情報」ジョーンズ版


The sight of an autumn leaf brings to a pilgrim the sudden revelation of the mystery of life and death.

「紅葉の景色が巡礼者に生と死の神秘の突然の天啓をもたらす」
ルディア版(すずきふみよし訳)


ルディアは、この度数が持つテーマを
" CLAIR-SEEING " という造語によって表現しています

 

火星回帰の翌日である昨日(回帰から24時間以内)
私は京都にてYogaの某ワークショップに参加
ディープな瞑想とクリアリングを行うことができ
まさにタイムリーなエネルギーリセットのひと時となりました


同時に新しいビジョンも生まれました


ラッキー(?!)だったのは、色んな事情で
ほぼ、個人レッスン状態だったこと


瞑想は、どうしても、一緒に行う人たちの影響を受けます


この先生のYogaからは
一般的なYogaでは体験できないものを「いつも」受け取れるのですが


マンツーマンで体験した2時間以上のアーサナと瞑想は
その純度が「いや増して」素晴らしかったです


たった一人の生徒であるにもかかわらず
何一つ妥協せずに向き合ってくださった先生に感謝です


これからも、この体験を深めていきたい、いこう!
そんな力強いベクトルが生まれたこと


これが、私の火星回帰を象徴する出来事だったと思います


言葉にするのは難しいのですが
このような体験こそが、私が求めていることであり
それはYogaではなく「このYoga」であり
「このようなエネルギーの方向性」なのでした


今回の火星回帰が
まさに紅葉の季節に訪れたことも祝福ですし


マンツーマンでのエネルギー交換という場面は
いかにも、7ハウスの天秤座・火星らしいな、と感じます


人と人とのエネルギー交換で立ち上がってくる
「場」のエネルギーと気付きを
雑味なく純粋な形で体験することができました


年を経る毎に…
私の自然な発露として情熱を傾けてしまう物事
私が求める火星のあり様が明確になってきていると感じています


この方向性をさらに深めていきたい
と心に決めただけでなく


自分の体験の意味を
深いレベルで客観的に再認識できる
占星術およびサビアンシンボルというツールに対しても
変わりない情熱を維持しています

 

すばらしい心地よさの中で
「エネルギーリセット&チャージ」した私の火星

 

この初心を維持できるよう記しておきます

 

〜京都・鴨川〜 本当は奥の山の木々が美しく紅葉しているのですが、私が携帯していたiPadでは映しとれませんでした

 

サビアングループ研究会 【オンラインセミナー】 お試し受講受付中

12月のテーマは山羊座21度〜25度

 

 

 

- : -

ルース・ベネディクト『菊と刀』で日本人DNAを知る

 

昨日の話題の続きです

ルース・ベネディクトの「菊と刀」を読んでいると
私も、日本人のDNAから逃れられないんだな、と感じます


確実に私も受け継いでいるDNA


外部(外国人)から指摘されて
西洋と日本を比較して論じられて
はじめて! たしかに! と自覚する


日本人とは、どういう民族なのか…


それを日本人自身が論じるのは
不可能なのではないか、とさえ、思ってしまう


私が読んだのは「菊と刀」縮約版(英文併記)です

※英語の勉強にもなります


サビアン研究のために 時間配分を考えて
私はルース・ベネディクトが書いた論文よりも
伝記をメインに読みました(三冊)


本当は自伝も読みたいところですが
ルース・ベネディクトの場合、公的な自伝がないので…


私がルースをとりあげることを事前告知すると
サビアングループ研究会のすずきふみよしさんは
「菊と刀」の通常版を事前に読んでくださっていて(すごい)


「日本人は、みんな、これ読むべきだね」と仰ってました


私も同感です


占星術家は、まず
自分のチャートとじっくり向き合って
「自分自身を知ること」からスタートする人が多いでしょう


個人のチャートを検証する前に
「日本人の習性とは、いかなるものか」
客観的な視点を借りてみる


同じチャートを持っていても
どういう国に生まれ、どういう両親に、どういう環境で育てられたのか
あるいは男女によってもチャートの「あらわれ方」は変わってきます


しかし、その前に、自分の個性と思ってきたものは
自分固有の性質、あるいは、葛藤なのか
日本人が共有している性質、あるいは、葛藤なのか…

自己理解を深めるために「日本人論」は助けになると思うのですね


「菊と刀」には
間違った情報や誇張されている部分もありますが
それを差し引いても、飛びぬけたクオリティーです


第二次世界大戦前後に書かれたものですが
だからこそ、対戦前の日本人、大戦後の日本人
その違い、それでも、変わらないところ… いろいろ発見があります

 

ルース・ベネディクトの出生図(出生時間不明:ソーラーハウス)

夜の20:32以降の生まれであれば、太陽は双子座16度なので、16度に入ったタイミングで作成してみました

私のレティファイでは、もっと遅い時間、日付が変わる直前、になりましたが

 

 

サビアングループ研究会 【オンラインセミナー】 お試し受講受付中

12月のテーマは山羊座21度〜25度

 

- : -

なぜ、柔軟宮17度18度近辺は『占星術家の度数』なのでしょうか?

 

サビアングループ研究会(2017年11月)のテーマは
ふたご座16-20度でしたが
非常に意義深い研究になりました


私は米国の文化人類学者のルース・ベネディクトを取り上げました


ルースは「菊と刀」という日本論を書いた人として有名で
これを上回る「日本論」は、いまだ出ていない、といわれています


一度も日本に来たことがない人が
日本についての書物やレポートを読み込み
在米日本人を取材しただけで
なぜ、これほど完成度の高い成果をあげられたのか!?


に、興味を持ったわけではなく(笑)


タロットが「この人物を研究せよ」
と言うから、研究したのです(いつものことながら)


その結果、そういった公式情報以上の情報を
沢山知ることになりました


「菊と刀」の元となったレポートは
マッカーサー(つまりはアメリカ)の
日本の戦後統治の方針に大きな影響を与えたといわれています


つまりは、


太平洋戦争終結のための第一条件として
天皇の退位を強行に主張しない


日本を統治するにあたって
無理に西洋の文化やライフスタイルを押し付けない


といった方針へとアメリカ政府を導くような哲学を
彼女達は元々持っており
それを維持したまま、レポートを作成したのです


ルース・ベネディクト(達)は
所謂、ワンワールドを目指す人々の方針は間違っている
あるいは、そのやり方は、うまくいかない、と考えていたのです


日本が戦後も、ある程度、日本文化を維持することができたのは
ルース・ベネディクトの「お蔭様」といえるかもしれません


ルースと、その仲間達のライフワークは


異文化の理解を進めることをとおして、
世界を文化的な差異を安全に表明できる場所にする


というところにあったと思います


様々な個性を持つ人々への理解を進めることをとおして
多様な個性を持つひとりひとりが
自由かつ安全に自分を表現し生きることができる世界にする


という「心理占星術のテーマ」と通じるところはないでしょうか?


もちろん、これが、心理占星術の、あるいは占星術をやっている
すべての人々のテーマではないかもしれませんが…


多様性、個別性を理解したい、尊重したい、という思いは
心理占星術、あるいは、占星術を学ぼうとする動機として
多いのではないか、と思います


占星術は「人類」だけを対象にするものではありませんが
心理占星術はとりわけ「人間」と「その心」を理解しようとする占星術です


人類学と心理占星術には「近い」ものを感じます


ノエル・ティル先生が
柔軟宮17度近辺を「占星術家の度数」としている
理由が解けてきたのは、そういうわけです

 

 


ルース・ベネディクトの出生時間は不明ですが
おそらく太陽は双子座16度「熱弁する婦人参政権論者」(すずきふみよし訳)

 

だと、私は思っています


ここには書き切れないのですが
動機の発端としての16度にはじまり
19度の「アカシックレコード=大きな古典書物」
へと連なる流れをたどると、もっと「占星術家の度数」である理由が見えてきました


ちなみに、双子座16-20度に重要な天体を持つ人物として
ほかのメンバーが取り上げたのは

  • 建築家のフランク・ロイド・ライト
  • 哲学者のジャン・ジャック・ルソー
  • 俳優のジョニー・デップ
  • ウイスキーの竹鶴政孝
  • 古典占星家のロバート・ゾラー

等々です


サビアングループ研究会では、毎回、任意の5度をテーマにしますが
理解が深まるのは、テーマとなる度数域だけにとどまりません


結果としてサイン全体(今回なら双子座)への理解が深まるし
90度・180度のサインの理解も深まる…つまりは柔軟宮全部ですね


毎月5度ずつテーマにすると言うと
「遅々として進まない」
という印象を持つ人もいらっしゃるかもしれませんが


実はそうではなく
一をとことん深めると、全方位、全て深まっていくのです


さてさて、12月のサビアングループ研究会のテーマは
山羊座21-25度です


私はグラフィックデザイナーの
田中一光氏を取り上げる予定です

 

 

サビアングループ研究会 【オンラインセミナー】 お試し受講受付中

12月のテーマは山羊座21度〜25度

 

 

 

 

- : -

無料でミッドポイントを出す方法(astro.com 日本語版) & スターゲイザーでミッドポイントを出す方法


無料でミッドポイントを算出する方法について、ご質問がありました


新里ひろきの「ノエル・ティル心理占星術プログラム」
第二部、第一回のテーマは「ミッドポイント分析」なんですね


このプログラムは占星術の知識が中級以上の方向けのカリキュラムですので
多くの方は、何らかの占星術ソフトをお持ちです


けれども中にはお持ちでない方もいらっしゃるので
2012年に新里先生がミッドポイントを
astro.com (英語版)で出す方法をYouTubeにて解説してくださいました


その頃は、まだ、日本語版 astro.com がなかった
あるいは、充実していなかったのですが
今では日本語版astro.comでミッドポイントが出せるようになっています


日本語で操作できるほうが、そりゃ便利ですが
日本語サイトに行っても、ミッドポイントの出し方がわからない
という方もいらっしゃいます


占星術に慣れている人なら見つけられるのですが
確かに初心者の方には、わかりにくいかもしれませんね


asto.com の日本版サイトに行って…
http://www.astro.com/horoscope/ja

 

「出生データによる、さらなるチャート選択」をクリックしてデータを入力


そうすると、こういう画面になるので

2

チャートの表現様式を、keller style (w.midpoints)
Ebertin style (w.midpoints)に変更する

 

そして「クリックしてチャートを表示」をクリック


そうするとチャートが表示されるので


左上の「データ表をもっと見る(PDF)」をクリック
するとミッドポイントを含むデータが表示される

 

使うのは「Midponts in 90 degree order」

 

4

 

astro.com は、ミッドポイント以外にも
色々なチャートが出せる点で重宝すると思います
データを登録しておくこともできますし


astro.com 以外でも、例えば「無料 ホロスコープ ミッドポイント」
等々で検索すると、色々な情報が出てきます

 

たとえば、ここなら90度ソートのミッドポイントだけなら簡単に出せます

http://tyljapan.ciao.jp/halfsum_2014.html


ただ、占星術を本気で学ぼうとするのなら
有料の占星術ソフトを購入する必要があります


最初は日本のソフト「スターゲイザー」で充分だと思います
価格がリーズナブル(4298円)なのに、海外のソフトに負けず劣らず非常に優秀なソフトです

日本語解説がある(当たり前ですが)のが便利です
持ってる人も多いのではないでしょうか

 

スターゲイザーでのミッドポイント(ハーフサム)の出し方は

1)「ホロスコープ三重円」から、出生図を出します

2)「機能」→「Harf Sum」 を選びます

3)「全軸」を選びます
※40軸には最も重要な太陽・月のミッドポイントが入っていないので注意

4)「ハーモ数」をクリックして、ハーモニック数は「4」と入力します
※これが90度ソートの意味になります 360度÷4=90度

5)スターゲイザーの場合、全軸を選ぶと小惑星も出てしまいます
またミッドポイントのプリントアウトができないので、
私はキャプチャーソフトでキャプチャーしてプリントアウトしています
そして小惑星以外のミッドポイントを蛍光ペンなどで印をつけて見やすくします

 

しかし、ノエル・ティル心理占星術を本気でやっていこうと思えば
ソーラーファイヤー、ケプラー、Winstar、ioEdition、などの
軸を立てられるソフトの必要性を感じはじめます


けれども、価格が3万5000円から10万円ぐらい、なのと
使用方法をマスターするまでに(海外版なので)時間がかかるのがハードルとなるでしょう


機械に疎い人は、購入しても、
なかなか使いこなせるまでに至らず挫折する人も多い


それゆえ、当面は、無料のツールやスターゲイザーなどのリーズナブルなソフトで
勉強するのも選択肢だと思います


iPhone,iPad で使えるアプリ AstroGold(アストロゴールド)でも軸は立てられ、かなり使えます
こちらの使用方法は、録画講座で学んでいただけます(簡単です)
ただし、ミッドポイントは出せません


占星術を本気で勉強したいなら
パソコンや、こういった占星術ソフトに熟達しないといけないので
そちら方面の才能、および、努力も必要だと思います


でも、私みたいな機械音痴でも、頑張ったら出来るわけですから
占星術に情熱をお持ちの方は色々工夫して乗り越えていけるはずです^^

 

 

 

心理占星術研究会の講座情報を確実に受け取られたい方は、こちらにご登録お願いします
ニュースレターのみで告知する講座もあります
↓ ↓ ↓
 World Astrology ... 占星術の世界 ...  

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレターご登録ページ

 

 

 

 

 

 

 

- : -

蠍座の木星:サインイングレスの直後は物事が動きやすい


蠍座に木星がイングレスしたのは10月10日22:19です


サインイングレスの直後は
やっぱり物事が動きやすいですね


私の場合、数年来、棚上げにしていた
とあるプロジェクト
やっと「やる気」「やれそうな感じ」になってきました


「占星術コンサルテーション」にかかわるプロジェクトですが
今、準備をスタートしたら、そのプロジェクトが「実際に始動するとき」も
「蠍座木星」にあるはずで…


イレクショナル的にも、ぴったりですよね


「何年越しの企画よ!」と
待ちくたびれていた関係者も多し…


私自身も「腰の重い私」と
我が身のフットワークの悪さを恥じていたのですが


実は、最もふさわしいタイミングに、始められるのではないか♪
きっと、ベストのタイミングに違いない♪


いまや、自己正当化しています(笑)


やはり、その物事の質と、時の質が合っているときに
物事をスタートするほうがベターですから


「その気になる」「乗ってる」「突き動かされる」
形で動いていくのが、一番、自然でスムーズだと思いますね


だからといって、何も障害物がない、とはいえませんが
波に乗っているときは、障害物を乗り越えるパワーや援助、
アイデアに恵まれやすいと思います


皆さんは、蠍座に木星が入ってから
どんなことに食指が動いていますか?


その衝動に「乗っていってみよう!」

 

 

上京する前は金木犀の季節だったのに、関西に戻ると桜が紅葉しはじめていた

 

 

 

- : -

来日セミナー、個人セッション、終わりました

 

台風直撃を受けるとか受けないとか、どうなることかと思いましたが
新里ひろき来日セミナー2017、個人セッションとも、無事、終了しました


台風一過のおかげで、昨日今日は、よいお天気でしたね


3日間のワークショップ、本当に充実していました


ノエル・ティル心理占星術への理解を深め
内なる火に着火されたまま、
多くの人が日常生活に戻っていかれました

 

来年も、2018年10月19日(金)から10月22日(日)の3日間
新里ひろき来日セミナー開催決定@東京です!


来年、また皆様と会えるのを楽しみに^^

 

四ツ谷のホテルから 日暮れ時の風景

 

- : -

「古典の基礎の基礎」から「コンサルテーションチャートへ」


「古典の基礎の基礎」の受講生の中には


「古典に慣れていないので高等叡智に感じた」
「本当に理解できているかわからない」


というご感想をもたれた方もいらっしゃいました


確かに、私も、初めて古典にふれた時は、そうでした


実際には、難しいのでもなく、高等なのでもなく
単に「モダンの頭を切り替えられない」からなんです


「いったんモダン・アストロロジーを横においといて」
古典の世界の門をたたく…のがコツです!


初心者として、まったく違う勉強をする、つもりで
つもり、というより、実際、それぐらい違うんです


それに「古典の基礎の基礎」は理論だけに絞った内容ですので
一回や二回、聞いただけで、完全に理解することはできません
というか、理解できなくて当たり前です


長年、ホラリー研究会に参加している方でも
「古典の基礎の基礎」を受講することで
「新しい発見があった!」とおっしゃったくらいです


「基礎」というのは実は「簡単なもの」ではなく
実に奥深いものなんですよね…


あれは、古典の学びが深まった段階で
また受講しなおして、新たな発見があるような内容なんです


つまり「古典の基礎の基礎」を受講しただけでは
「ディグニティ」というツールの特徴と基本的な使い方を知った、というだけ


実際に使ってみて、はじめて、理解が進みはじめる

使ってみなきゃ、さっぱり、わからない


使ってみる第一歩としてオススメなのが
「コンサルテーションチャート」です


「コンサルテーションチャート」では
「古典の基礎の基礎」で学んだ理論の中でも
さらに基本的な部分を活用しながら学びすすめてまいります


モダンの人が、いきなり「ホラリー」に進むよりも
ハードルが下がってオススメです


なじみの無い世界に、いきなり放り込むのではなく
なじみの世界の要素も織り交ぜながら
ステップバイステップで距離を縮めていただけます


きっと「古典」が少しずつ身近になっていき
その魅力や面白さを自然に体感していただけることでしょう


「コンサルテーションチャート」を学べば
ベイビーステップ(赤ちゃんが歩きはじめるように)で
古典の理論を吸収していくことができるのです


その上、「コンサルテーションチャート」は
セッションを行っている人は
すぐに活用していただける実用性の高いメソッドです


すぐに使えて、すぐに実践して
そして、その効果を実感できるからこそ
古典への信頼性が生まれてくるのです


ですので、石塚先生はいつも
「ホラリー基礎」の前に「コンサルテーションチャート」を
教えてくださるわけなんですね


本格的にホラリーを学びたい人が導入的に学ぶのに最適な内容なのです

 

 

連続講座『 コンサルテーションチャート 』
 2017年10月10日(月)スタート 全6回

 ※11月から参加していただくことも可能です(10月分は音源で勉強できます)

 

 

 

 

新講座のお知らせを確実に受け取られたい方は、こちらにご登録お願いします
ニュースレターのみで告知する講座もあります
↓ ↓ ↓
 World Astrology ... 占星術の世界 ...  

心理占星術研究会が開催する講座やイベント情報を発信するニュースレター
国内外の講師の対面&オンラインセミナーの情報をいちはやくお届け

ニュースレターご登録ページ

 

 

 

- : -

来日セミナーは【自・互・公】の【公】に位置づけられますね! 


『 新里ひろきの来日心理占星術セミナー2017 』まで10日を切りました!

 ⇒ http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=217


最近、思うのは、来日セミナーは
ホロスコープに喩えれば、【自・互・公】の【公】だな、ということ


【自・互・公】というのは、石塚先生がよく使う用語で
ホロスコープを3つに分ける方法の一つです


サインでいえば

【自】牡羊座から蟹座
【互】獅子座から蠍座
【公】射手座から魚座


ハウスでいえば

【自】1から4ハウス
【互】5から8ハウス
【公】9から12ハウス


【自】は自らの個性や能力を高めていく
【互】は、【自】で養った個性や能力を対人関係を通じて客観化し洗練させていく
【公】は、社会の中で自分を生かしていく


そういうグループです


ノエル・ティル心理占星術の学びの段階でいうと


【自】本を読んだり、オンライン講座を受講して自習する

【互】第五部・第六部で課題に取り組み、新里先生から添削を受けたり、
   心理占星術研究会で石塚先生から講評をもらって
   思い込みを修正して客観化して軌道修正する

【公】来日セミナーなど、多くのメンバーが集まる場に身をおいて学び
   全体の中での自分の位置づけを確認し、
   その中で自分がどう輝いていくか
   社会で自分の能力をどう生かしていくかを見極める


ノエル・ティル心理占星術に限らず
何事も、こういうステップを踏んで成長していくわけですが


それができるよう、
「よく考えられているプログラムだなぁ」


と、感心し、あらためて
ノエル・ティル・マスタープログラムを評価できました


今回の来日セミナーのテーマは『自己表現を助ける占星術』


この【自己表現】というのは【自己実現】と近い意味があり
【公の場】で認められ活躍できる自己表現を目指しているのではないか、と感じています


【10ハウス】あるいは【12ハウス】に相当するかもしれません
公の領域ですね


それは【公】の来日セミナーであるからこそ、
取り組めるテーマなのではないかと思います


まだ【互】をやってないから【公】に行くのは気が引ける
という人も、いらっしゃるかもしれないですが


【公】→【互】→【自】という逆の方向性で
自分という個性を、再確認する方向性もありだと思います


一方通行で進むよりも、様々な方向性から刺激を受けてみることで
ほかの段階への波及的な効果があるはずです


どうしても、いつもと同じパターン、
いつもと同じ場所、楽な場所で、足踏みしがちな私達ですので
意識的に、別の領域に立ってみたいものです!


立ち位置が変われば、自然に【視点】が変わる
そして自動的に【成長へのスイッチ】が押されるわけです



☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆

 
  新里ひろきの来日心理占星術セミナー2017

  テーマ 『自己表現を助ける占星術』
 
  http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=217
   
  日 時:2017年10月20日(金)から22日(日)

  ※会場:20日=御茶ノ水、21日&22日=水道橋


☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆



 

 

 

- : -

コンサルテーションチャートの魅力(3)

 

いよいよ10月9日からスタートです!
石塚隆一の『 コンサルテーションチャート 』@第二月曜研究会

 

『 コンサルテーションチャート 』 を学ぶと
ホロスコープの中の【アセンダント】の重要性を再確認させられます


あらゆるホロスコープは、すべて、【 はじまりの図 】ですが
【アセンダント】は、その「はじまり」を象徴するポイントですから
当然、重要なのです


『 コンサルテーションチャート 』では、
【はじまりの特性】を詳しく見ていきます


これは、あらゆるホロスコープリーディングに応用可能な知識だと思います


つまり、私達が何かをスタートさせるとき
スタートしなくてはならない【思い】があるのです


あるいは、私達が、ある瞬間、何か、ふと思い浮かべる
その瞬間の図を立ててみて、アセンダントを確認してみてください


思いのほか、そのテーマと、アセンダントが関連していることに気づくでしょう


コンサルテーションチャート、および、ホラリーを学ぶと
私達が、いかに、時のエネルギーに影響を受けているか
あるいは支配されているか、を確認できます


私達が日々、感じている、あるいは受け取っている


 強い衝動、欲望、インスピレーション


それは「その瞬間」のエネルギーの受け皿になったからかもしれません


コンサルテーションチャートやホラリーは
これは象徴感度を高めるトレーニングにぴったりなのは
そういうワケなんです


人の出生図のように、長期間のスパンで働くものでないからこそ
さまざまな身近な物事の象徴との対応がクリアに見えてくるのです


もちろん、出生図のリーディングやコンサルテーションにも応用できます!


コンサルテーションチャートの面白さ、
ぜひ、多くの人に体験していただければと思います
占星術の神秘を、深く実感していただけると思います

 


☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆


明日10月6日15:00ご入金期限! 2017年10月9日(月)スタート

石塚隆一の 『 コンサルテーションチャート 』 全6回6ヶ月

http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=260


☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆

 

 

 

- : -

新里&石塚先生から読書術を学ぶ! 【 10/21 公開対談 in 水道橋 】 参加費無料


10月20日から22日に開催される
『新里ひろき来日心理占星術セミナー2017』

http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=217


その中日(なかび)である10月21日(土)の夜


セミナー終了後、30分の休憩をとった後から


新里&石塚先生の公開対談を開催します!


どなたでも参加いただける公開セミナーですので
心理占星術にご興味のある方、ぜひ、お運びください


なお、この公開対談は、来日セミナー参加者は
セミナー時のお席を確保したまま、引き続き、ご参加いただけます!


対談のテーマは『占星家としての成長に役立つ本』です


占星術家になるためには、
占星術だけ勉強してるだけじゃ、だめだよ〜、と
本も読んでくださいね〜と、ノエル・ティル先生は仰ってます


一人の人間が人生で経験できることは限られていますが
読書は、それを補ってくれます


読書は非常に効率的に人間智を深め、広げてくれるのです


どのような人生経験をされてきたか
また、どのような学びや読書をされているかが
その人の「個性」「強み」になっていく、というのは
新里先生のおっしゃるとおりだと思います


占星術の理論だけをいくら詰め込んだところで
人間智を深めないことには、ホロスコープは読めない

 

あるいは効果的な占星術コンサルテーションは提供できない


「占星術の知識」だけでは足りない、というのが真実です


では、お2人は、お忙しい中、どのように書籍を選び
どのように読書されているのでしょうか?


本家、ノエル・ティルマスターコース卒業生の
お2人に、縦横無尽に語り合っていただきます!


ぜひ、多くの方に、ご参加いただけましたら幸いです♪

 

 

 

10月21日(土)開催 【公開対談】 in 水道橋 参加費無料

新里ひろき&石塚隆一:占星家としての成長に役立つ本

詳細とお申込みはコチラ http://astro-psycho.jugem.jp/?eid=263

 

 

 

- : -